ホーム » 冷え性がもたらす病気 » 冷えがもたらす動脈硬化|肝臓を温めることがコレステロール管理の要

スポンサードリンク

冷えがもたらす動脈硬化|肝臓を温めることがコレステロール管理の要

動脈硬化(縮小).png

肝臓が冷えるとコレステロールの代謝不全が生じ、
動脈硬化が生じやすくなります

これまでは多くの場合、動脈硬化の防止やそれと密接に関わるコレステロールの
管理は、食事や運動を通じてなされるべきものであると説明されてきたように
思います。しかしながら動脈硬化にもたらす冷えの効果は、食事のそれよりも
圧倒的に大きいのです。


実際、食事により摂取されるコレステロール量は体中のわずか20~30%に
過ぎません。他方、70~80%のコレステロールは肝臓で作られており、
その肝臓たるや、実に冷えに弱い臓器なのです。肝臓はコレステロールを
分解する機能も担っており、肝臓が冷えてしまった場合にもたらされる
コレステロール管理上の悪影響には量り知れないものがあります。


肝臓が冷えにより機能障害に陥ってしまいますと、体中の悪玉コレステロール
(LDL)と善玉コレステロール(HDL)との比率が正常値の3:1から逸脱して
しまったり、総コレステロール量が変化してしまいかねません。


特に肝臓のコレステロールの分解機能が不全となってしまいますと、
総コレステロール量が増えたり悪玉コレステロールが過剰に増えてしまいがちと
なります。


血中における悪玉コレステロールが過剰に増えますと血管内壁に入り込み、
やがて血中の活性酸素により酸化されることとなります。すると白血球の一種、
マクロファージが血管内壁に入り酸化された悪玉コレステロールを吸収・消滅
しようとしますが、内壁に入ったまま死滅することとなります。


このマクロファージの死骸が血管壁にプラークを作り出し、動脈硬化を
作り出していく
こととなるのです(上掲図をご覧下さい)


またかつてこちらでもご説明しましたように、中性脂肪と冷えは共だって進行する
傾向があり、冷えにより体中の中性脂肪が増加しますと悪玉コレステロールを
肝臓に送り返す役割を担う善玉コレステロールの量が減少していってしまいます。
結果、悪玉コレステロールの量は一層増加し、動脈硬化は加速することとなって
しまうのです。


動脈硬化は深化しますとさらに重篤な病気をもたらします。その1つは高血圧症
です。高コレステロールやプラークにより血管内部が細くなりますと、心臓は
より高い血圧で血液を送り出そうとするため高血圧症が生じがちとなるのです。


もう1つは脳梗塞や心筋梗塞に代表される血栓症です。血管壁にできたプラークが
割れ出血が生じますと、血小板により止血されると同時にかさぶた状の物体が
血管内に滞留することとなります。これが血栓です。


特に冷えによる低体温時に血小板は凝固しやすいことが確認されています。
血栓症は脳卒中(脳梗塞、脳出血)や心筋梗塞など直接死に至る病気と
直結しているため、何があっても防がねばなりません。


そこで問われる最良のコレステロール・動脈硬化対策ですが、それは肝臓を
温めることに尽きます。着衣や室温、入浴に留意し、体温が低くならないよう
心がけるべきでしょう。「肝臓を温める」といいましても、肝臓から離れた
足や下半身を温める足湯半身浴の方が一層効果的です。



次に取り組みたいのが有酸素運動です。有酸素運動は中性脂肪を減らす効果が
あり、善玉コレステロールを増やす上で大いに役立ちます。また血管を押し広げる
一酸化炭素窒素を合成する酵素が運動により活性化されるというメリットも
得られることとなります。


ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動は、足の筋肉を動かすことで
冷え取りにも役立つという点において一挙両得といえるでしょう。


後はコレステロール値を下げるよう、食物に留意をされることです。
食物繊維はコレステロール値を下げますから、積極的に摂られると
よいでしょう。またビタミンB群もコレステロール値を下げることが
知られています。


ビタミンCやEはコレステロールの酸化を抑え、動脈硬化の進行を遅らせます。
特にビタミンEには酸化脂質を分解するよう作用するので、既に動脈硬化が
進行している方は意識的に摂られるとよいでしょう。

スポンサードリンク

Return to page top