ホーム » 冷え性がもたらす病気 » あなたの眼底出血は目の冷えが原因?網膜の血流の改善が完治への早道です

スポンサードリンク

あなたの眼底出血は目の冷えが原因?網膜の血流の改善が完治への早道です

眼(縮小1).png

あなたの「眼底出血」の裏には「目の冷え」が隠れているかも
知れません

いわゆる「眼底出血」でお困りの方が、近年増加傾向にあるとよく耳にするように
なりました。


眼底出血は放置をしておきますと出血部が黒斑点状に固着をしてしまい、
やがてそれが視界を遮るようになるため、日常生活にも支障をもたらすように
なります。事態が進行すれば失明の可能性も考えられなくもないので、
早急な対応が必要です。


さて一口に「眼底出血」といいましても2種類のものに大別して考える必要が
あります。


まず1つ目のものとしましては、目の中の「硝子体(しょうしたい)」と呼ばれる
部分が加齢と共にゼリー状から液状に変化し、それまで隣接していた網膜から
乖離する際生じる出血のパターンが挙げられます。この現象は、通常「網膜裂孔
(もうまくれっこう)」として知られているものです。


もう1つのものとして挙げられるのは、硝子体の変容とは関係なく、
網膜周辺の毛細血管が細くなり血管が破れた結果生じる出血です。


本記事において注目をしたいのは、後者のケースです。といいますのも、
後者のケースにおいては冷えやストレスが関与している場合が数多く
報告されるようになってきており、それに相応しい治療や対策を講じる
必要があるからです。

 

目、そして体を温めることで眼底出血が改善、解消する場合が
あります

「目の冷え」に注目が集まる以前は、網膜周辺の血管の破裂は主に
高血圧、 動脈硬化、糖尿病、 高コレステロールによりもたされるものと
考えられていました。


しかし現在は冷え(性)やそれと密接に関連するストレスが眼底出血の
無視できない原因として考えられるようになってきたのです。


特に年齢的にも若く、硝子体の液状化が進んでいない場合の眼底出血の
ケースにおいて高血圧など上記しました要因が該当しない場合は、まず
冷えやストレスを疑う必要があります。


このような眼底出血の場合は、何よりも目を蒸しタオルなどで温めて
あげることが大切です。これを習慣化することで、眼底出血を大幅に
改善していくことが期待できます。


眼底出血が発見された始めの段階では、専門医からステロイド剤の処方
を受けることもあるでしょう。これは飽くまで出血当初の炎症を抑えるべく
処方されているわけで、長期間のステロイドの使用は目の温度を大幅に
下げてしまいますので控えるべきです。


ステロイドの使用による目の温度の低下が長期間続きますと、白内障や
緑内障を誘発してしまう場合があるからです。


また血行を改善させるという観点から、目のみならず体全体を温めることも
眼底出血の緩和・解消を進める上で大いに勧められます。


実際目の病気が単に目そのものにとどまらず、目以外の部位における
異常が反映されることは十分あり得る
ことなのです。


例えば冷えの大きな要因であるストレスをカウンセリングを通じて取り除いて
いく過程で、眼底出血が完治したという症例も最近では報告されています。


また冷えを取り除くことを目的にホメオパシーを処方された患者が、
冷え性のみならず眼底出血までも完治させたという症例も報告されて
いるのです。

スポンサードリンク

Return to page top