ホーム » 冷え性がもたらす病気 » 慢性的な便秘と下痢が体に及ぼす害|治療の基本はお腹を温めることにあり

スポンサードリンク

慢性的な便秘と下痢が体に及ぼす害|治療の基本はお腹を温めることにあり

冷えと便秘(縮小).bmp


便秘と下痢がもたらす様々な害悪

前記事では便秘と下痢という一見対照的な腸の異常現象が、共にお腹の
冷えによりもたらされた腸の機能不全より発していたことを
ご説明致しました。


本稿ではまず便秘と下痢がもたらす諸々の害悪について再確認を
するところから始めましょう。


まず便秘になりますと、典型的に肌荒れやニキビ・吹き出物の増加が
顕著になります。


これは本来ならば便と共に排出されるはずの毒素が腸から再吸収され、
血液とともに体中を循環する結果生じるものです。


程度がより深刻化しますと、頭痛や吐き気、食欲不振がもたらされる
こととなります。長期にわたり便の毒素が体中を循環し続けますと、
遺伝子が傷つけられ、ガンすら発現する場合があるので要注意です。


もう一方の下痢の場合、体中の毒素の滞留という問題は免れますが、
どなたもあのお腹を刺すような痛みだけは避けたいと願われておられる
ことでしょう。


また下痢の場合は腸内に過剰な水分が溜まりがちとなるため、お腹に冷えが
もたらされることとなります。


お腹の冷えはビフィズス菌などの善玉菌の活動を低下させてしまう結果、
腸内により多くの毒素が生成されやすくなってしまいます。


因みに善玉菌の活動の低下は、便秘が冷えによりもたらされた場合にも
生じ得ることはいうまでもありません。



便秘・下痢の背後に冷えが疑われる場合

便秘や下痢が一過性の場合は市販のお薬で十分対処可能ですが、
慢性的でしかも冷えとの関連が疑われる場合は、やはり日常において
お腹を温めてやることが基本的な治療法となります。


既にこちらでもふれましたが、腹巻などを上手に利用すれば、
日常生活で効果的にお腹を温めることができます。


また折にふれて腰やお腹をマッサージしてみることも有効です。
これらの部位をマッサージしてやることで血行が促進され、
お腹の温度は上昇していきます。


加えて代謝や免疫力の向上も期待できます。便秘による肌荒れや
吹き出物は、マッサージだけでも容易に克服できるでしょう。


自律神経系の正常化を図ることも大切ですが、仕事などの関係で
なかなか難しいという方も少なくないでしょう。そのような方の場合は、
40度程度のぬるま湯にゆっくりつかることで、体を温めつつ
リラックスをすることで、自律神経系を安定させることできるでしょう。


便秘を克服しようとして冷水や牛乳を大量に摂られる方が依然として
多くおられるようですが、それはお腹に冷えをもたらすため事態をより
深刻にしていまいます。


水分を摂られるのはよいのですが、お茶など必ず温かいものを
摂られるよう心がけるべきです。実は温かい飲み物の摂取は、
下痢の克服にも有効なのです。


便秘が非常に頑固な方は、漢方医にご相談をされるとよいでしょう。


便秘には「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆ
しょうきょうとう)」、「桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)」、
「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」といった漢方薬がしばしば
処方されます(いずれも虚証向け)。


十分ご想像頂けることと思いますが、これらはいずれも体を温めることで
便秘の解消を図ろうとするものなのです。

スポンサードリンク

Return to page top