ホーム » 冷え性がもたらす病気 » 内臓が冷えると癌が誘発される理由|体を温め酵素を活性化することの意義

スポンサードリンク

内臓が冷えると癌が誘発される理由|体を温め酵素を活性化することの意義

医師(縮小2).png


冷える内臓は癌にかかりやすい

内臓の中で癌(がん)にかかりにくい(かからない)臓器と
かかりやすい臓器を分けてみると、ある面白い傾向を見出すことが
できます。


まず癌にかからない臓器としましては、その代表例として心臓を
挙げることができるでしょう。もう一つの例としましては、
脾臓(ひぞう)なども挙げられると思います。


他方癌にかかりやすい臓器としましては食道、胃、大腸などの消化器や
肺などが挙げられるでしょう。


これらの癌にかからない臓器とかかりやすい臓器との大きな違いは、
一体どの点に見出されるのでしょうか。


それは何と言いましても、両者の温度差に見出されるというべきでしょう。


心臓は常時運動を繰り返しており、熱を生成しています。その温度は
常時40度台が維持されています。他方脾臓には赤血球が集中しており、
その温度はやはり40度台となっています。


他方食道、胃、大腸、肺は外界と通じており、それだけ温度が
低くなりがちであるといえます。


この実に単純な事実を見ただけでも、体内で冷える部位は癌に
なりやすいのではないかとの類推が十分成り立つのです。


実際多くの場合癌患者の体温は35度台で、人間の適正体温である
36.5度をかなり下回っていることが確認されています。

 

癌発生・抑制の鍵を握る「酵素」の存在

この「冷え」と「癌」との一見直接的な関係を媒介する存在としまして、
体内の「酵素」の存在が広く注目を浴びつつあります。


こちらこちらでも既にご説明をしましたが、少なく見積もっても
総計で5000種類も存在するといわれている各種酵素が
それぞれ独自の機能を果たすことで全身の臓器が円滑に働き、
消化、解毒、排泄、エネルギー生成が可能となっているのです。


5000種類もの酵素がそれぞれ別個の機能を果たす点が酵素の
大きな特徴となっているわけですが、1点全ての酵素に
共通していることがあります。


それは体温が1度低下するだけで、その機能がおよそ半減してしまう
という点です。


そこで最近では癌の原因としまして、体内において酵素が
不足・欠如していたり、仮に酵素が十分存在する場合でも、
冷えなどの原因でその働きが阻害されてしまっていることなどが
考えられるようになってきたのです。


かつてこちらで東洋医学の視点から、冷えより発展したお血が癌を
もたらすことをご説明したましたが、今回のように酵素の存在に着目した
西洋医学の視点からも冷えと癌との密接な関係が指摘されるように
なったことは実に示唆的であるように思えます。


私たちは体温管理を入念に行い、癌をはじめとするあらゆる成人病の
予防に積極的に取り組みたいものです。

スポンサードリンク

Return to page top