ホーム » 日常生活でできる冷え性の改善法 » 運動、体操で体を温める » ウォーキングだけでは筋肉はつかない?無酸素運動の利点を活用する知恵

スポンサードリンク

ウォーキングだけでは筋肉はつかない?無酸素運動の利点を活用する知恵

腹筋(縮小).jpg

ウォーキングだけではなかなか筋肉もつかず
脂肪も燃焼しにくい?

人間の筋肉のおよそ7割が下半身に集中しています。


したがいまして直接熱を生産する上でも、また血流のミルキング・
アクションを活発化させる上でも、下半身の筋肉を増強することは
きわめて重要です。


このような観点から本サイトでは折にふれてウォーキングなどの運動を
日常生活にとり入れられることを推奨してまいりました。


しかしウォーキングを日常まめに行いながらも、なかなか下半身に筋肉が
つきにくいとお悩みの方も数多くおられるようです。


またいくらウォーキングをやっても、なかなか脂肪太りが解消しないと
お嘆きの方もおられることでしょう。


ご多忙の方の場合、たとえこれまでに目に見えて効果があがらなかったと
しましても、冷え性改善の観点よりこれまで通りにウォーキングを
継続されますことをあらためてここでご推奨申し上げたいと思います。


その上で敢えて本稿並びに次稿の2回にわたりまして、いかにすれば
より一層効果的に筋肉がつけられ、また脂肪の燃焼が可能となるかに
つきまして考えてみたいと思います。


効果的な筋肉増強と脂肪の燃焼には、有酸素運動と
無酸素運動を適宜組み合わせてみましょう

そこでその第一段と致しまして、ウォーキングという運動自体が
筋肉を積極的に増強させる性質のものではなく、また脂肪を
燃焼させる段におきましてもある程度の時間の経過を要することを
確認しておきましょう。


ウォーキングは酸素をとりつつ比較的長時間軽度の運動を行う
「有酸素運動」に属しますが、残念ながら有酸素運動は決して皆無とは
いえないまでも、筋肉を増強させるという点におきましてあまり大きな
効果をもたらしません。


筋肉を増強する点においてより大きな役割を果たすのは、酸素の消費を
伴うことなく短時間に大きなエネルギーを消費する「無酸素運動」の方なのです。


無酸素運動の例としましては、短距離走やウェイトリフティング、
腹筋運動などが挙げられるでしょう。


また脂肪の燃焼におきましてもウォーキングを始めとする有酸素運動の場合は、
糖と脂肪の双方が消費され、しかもまず最初に消費されるのは糖であるため、
脂肪の消費は遅れがちとなってしまうことを理解しておく必要があります。


ちなみに糖に続いて脂肪が消費されるのは、運動を開始してより
15~20分程度の時間の経過を要することが知られています。


それでは筋肉増強の点で優位に立つ無酸素運動において、糖と脂肪は
どのように消費されるのでしょうか?


実は無酸素運動においては脂肪が消費されることは一切なく、
消費されるのはもっぱら糖のみなのです。したがいましていかに
時間がかかり非効率であろうとも、脂肪を燃焼させるには有酸素運動に
頼らざるを得ません。


このように筋肉の増強と脂肪の消費において、有酸素運動と無酸素運動は
それぞれ一長一短をもつことがわかります。そこで効率よく筋肉を増やし
脂肪を燃焼させていくには、両者を適宜組み合わせていく必要が出てくる
こととなるわけです。


筋肉がどうもつきにくいと実感をされておられる方は、ウォーキングと
合わせて意識的に無酸素運動を行われると良いでしょう。


腹筋運動をされるのも良いでしょうし、下半身の筋肉を増強されたい場合は
スクワット運動を呼吸を浅くして短時間に激しく行うことで無酸素運動として
行うようにされるとよいでしょう。

スポンサードリンク

Return to page top