ホーム » 日常生活でできる冷え性の改善法 » 入浴で体を温める » お風呂を楽しみながら冷え性を改善|今日からできる効果的な入浴法

スポンサードリンク

お風呂を楽しみながら冷え性を改善|今日からできる効果的な入浴法

全身浴(縮小).png

40度程度のぬるま湯に10~30分間入浴するのが、
全身浴の基本です。

日常生活において冷え取りや冷え性の改善を効果的に行っていくためには、
やはり入浴をを外して考えることは不可能です。


思えばわが国では古くより「湯治」と呼ばれる習慣がありました。湯につかり
体を温めることで患部を治し痛みを和らげることを目的としたこの習慣は、
体を温めることで冷え取りや冷え性の改善を図るという現代的な見地から見ても、
実に理にかなったものであったといえるでしょう。


以下では冷え取りや冷え性の改善という見地より、効果的な入浴法
(今回は全身浴)についてご説明をしてまいりたいと思います。


まず最も基本となるのは、40度程度のぬるま湯につかるということです。
「冷え取りが目的であるのならば、より熱い湯につかるべきなのでは?」などと
思われた方もおられるかもしれませんが、熱いお湯にはなかなか長い間
つかることが困難で、早めに湯上りしがちとなります。そうしますと皮膚の
表面のみが熱いという状態となり、冷え取りにならなくなってしまうのです。


加えて熱いお湯から急に出ますと、血管が収縮し血行がかえって悪化してしまう
場合もあるのです。


ぬるめのお湯につかるとよいとされる今一つの理由は、副交感神経が刺激される
ことでよりリラックスができるという点が挙げられます。一度体がリラックスしますと、
徐々に体はぽかぽかと温まっていきます。


体が温まってきますと、「ヒート・ショック・プロテイン(HSP)」が機能し始める
というメリットも得られることになります。「ヒート・ショック・プロテイン」に
つきましてはこちらでもご説明しましたように、周辺の損傷細胞を修復したり、
あるいは修復不能の場合は、それを死滅させる機能があることが認められて
います。先述しました湯治の効果も、実は「ヒート・ショック・プロテイン」に
よるものなのではないかとの説もあるほどなのです。


全身浴の場合の入浴時間は、10~30分ほどとられるとよいでしょう。
入浴時の注意点としましては、まず上半身を温め過ぎないようにすることが
挙げられます。上半身を温め過ぎますと、気・血・水の本来の流れである
足元からの上昇が阻害されてしまうのです。


ですから上半身が熱くなってまいりましたら、湯船から手や腕、胸元を出し、
上半身の冷却を図るとよいでしょう。また水でぬらしたタオルで頭を冷やして
みるのもよいでしょう。


逆に下半身の方を温めるようにしますと、気・血・水は本来通り足元から
上昇していくようになります。そしてその結果、上半身も徐々に温まって
いくこととなるのです。


最後に、就寝前の30分~1時間前に入浴するとぐっすりと深い眠りに
入りやすいという点について指摘をしておきたいと思います。
冷え性を抱えておられる方は、朝方目覚めやすいという傾向が見られるので、
上記しました時間を意識しつつ、入浴と睡眠を連動してとられるとよいでしょう。

スポンサードリンク

Return to page top