ホーム » 日常生活でできる冷え性の改善法 » 入浴で体を温める » 冷え取りに一層効果的な半身浴のやり方|上半身の血流の滞りが改善します

スポンサードリンク

冷え取りに一層効果的な半身浴のやり方|上半身の血流の滞りが改善します

半身浴(縮小).jpg

冷え性がより深刻な方には、全身浴よりも半身浴が
勧められます。

冷え性を患われておられる方は、効果的な入浴法により冷え性を大幅に
改善させることが可能です。


通常の入浴(いわゆる「全身浴」)による冷え性の改善につきましては
こちらで詳しくご説明をしましたが、そこでも指摘をしましたように、
鍵となるのは入浴を通じてどちらかといえば下半身を温め、上半身との
温度差を縮めていくという点にあります。


しかし全身浴はその性質上、どうしても上半身を温めてしまう傾向が強く、
その結果、血流の上半身における滞留を生みがちとなってしまいます。
冷え性の度合いが軽い方にはこの点はさほど問題にならないかもしれませんが、
冷え性がより深刻な方の場合には、全身浴は冷え性の改善につながらないという
ことにもなりかねません。


したがいまして、冷え性がより深刻であったり、全身浴の際、強いのぼせを
覚えられたご経験のある方は、「半身浴」や「足湯」を試されるとよいでしょう。


冷え性がより深刻な方には特に半身浴をお勧めしたいと考えますが、
その主な理由は、そのような方は往々にして成人病などの内臓疾患を
抱えられておられる可能性が高く、半身浴により疾患部を温めてやることで
大きく治癒が進展する可能性が高いと考えられることによります。


本稿では半身浴に的を絞り、その手順につきまして順を追ってご説明を
致しましょう。

①みぞおちから下までがお湯につかるように心がけます。必要な場合は、
小さな腰掛などを使ってみましょう。心臓までつかってしまいますと、
全身浴と実質同じものとなってしまうので注意をして下さい。用いるお湯は
全身浴と同様、40度程度のぬるま湯です。

②湯につかっていない部位に寒気を覚えられる方は、肩に乾いたタオルを
かけると多少寒気が和らぎます。

③お湯がぬるく感じられ始めたら追い炊きをしましょう。何度か追い炊きを
しているうちに、足が温まっていき、胸や肩などお湯につかっていない部位から
汗が噴出してくることでしょう。

時間としましては、30分~1時間が目安です。全身浴と同様、湯から出る際は、
ゆっくり時間をかけて出るようにしましょう。


半身浴や足湯を習慣化していきますと、足の冷えはやがて消滅し、
体全体の冷えも改善していくことに気づかれることでしょう。


うれしい副産物としまして、皮膚の新陳代謝が改善する結果、肌に
潤いが生まれたり、しみのある場合は、しみの色が薄まっていくこととなります。

スポンサードリンク

Return to page top