ホーム » 日常生活でできる冷え性の改善法 » 着衣で体を温める » あなたのブラとパンツはきつめではないですか?血行を改善する下着の着方

スポンサードリンク

あなたのブラとパンツはきつめではないですか?血行を改善する下着の着方

下着(縮小).png

きつ過ぎる下着は冷えをもたらします。
特に女性はブラ選びに要注意

私たちが日々何気なく着用している下着。その下着が私たちの
体温に少なくない影響をもたらしていることをどれほど多くの方が
自覚されておられるでしょうか。


下着の着用においてまず留意すべき点としましては、きつい下着の着用は
血液の流れを悪化させ、体温低下をもたらすということが挙げられます。


また圧迫感によるストレスが睡眠の劣化や自律神経失調を招き、
それが冷えをもたらす可能性も無視できません。


特に女性の場合ブラジャー(以下「ブラ」と略称)を着用することが多く、
ブラ選びは入念に行いたいものです。女性の乳房はそれ自体が
とても重く、それを持ち上げるストラップの締め付けがどうしても血流を
悪化させがちです。


ストラップによる血流の悪化は、脇や腕、指先などの血流を悪化させ、
それらの部位に冷えをもたらします。したがいまして不自然に締め付けの
強いブラを選ぶことはお勧めできません。胸の大きめな女性は締め付けの
強いブラを選ぶ傾向が強いので、この点要注意です。


胸の大きめな女性は、大きく締め付けのゆるいブラを選ばれると
良いでしょう。ノンワイヤーのものも締め付けがゆるく推奨できます。


また最近では締め付けがゆるく、それでいてバストの崩れを防ぐ
就寝時用のブラも安価で入手できるようになっていますので、
利用されると良いでしょう。



アンダーもゆるめのものが基本。寒い季節は
おへそのカバーもお忘れなく

ブラ以外に留意すべきは、やはりパンツやパンティなどのアンダーです。
アンダーの着用につきましても、やはり血行促進の観点からゆるめのものを
選ぶのが基本となります。


ゴムひもがきつく下半身が締め付けられますと、冷えのみならず
下半身のむくみや便秘が生じがちとなります。


さらに生殖機能が悪化してしまう場合もあり、女性の場合ならば
生理痛や生理不順、男性の場合ならば精力減退がもたらされる場合が
あるので要注意です。


かつて冷え取りに真剣に取り組まれておられるある女性が、
「越中ふんどし」を試しておられるとの話を耳にしたことがあります。
これなどもゆるいアンダーによる血行促進を狙ったもので、実に理に
適ったものであると評価できます。


恐らく女性の多くはふんどしの着用に躊躇をされることでしょうが、
日中上着を着用してているときには外観からふんどしの着用は
誰にも分かりませんし、自室における就寝時には他人の目を気にする
必要など全くありません。試される価値は十分あるものと思われます。


ただふんどしにせよショーツにせよ、気になるのはおへそが露出しがちと
なる点です。秋、冬といった時季にはやはりおへそが隠れる深さのある
アンダーがお勧めできます。


最近では腰巻とパンティを合わせた「腰巻パンツ」や「腰巻つき
サニタリーショーツ」なども開発されていますので、寒い時季には
ゆったりとしたものを選んだ上で着用されるとよいと思います。

スポンサードリンク

Return to page top