ホーム » 日常生活でできる冷え性の改善法 » 着衣で体を温める » 血行不良を避けるための冬服の選び方|過度の厚着は冷えを招いてしまう

スポンサードリンク

血行不良を避けるための冬服の選び方|過度の厚着は冷えを招いてしまう

厚着(縮小) .jpg


冬場の過度の厚着は、血行不良と冷えをもたらす
可能性があります

体に冷えを抱えておられる方にとって、やはり冬は実に過ごしにくい
季節であろうと思います。体温を常時一定以上に保つべく、
室温や服装には十分な気配りをしたいものです。


しかしこのことは、必ずしも着衣において常に重装備を心がけねば
ならないことを意味するものではありません。


何故このようなことを申し上げるのかといいますと、冬場にコートなど
厚手で重いものを過度に着込みますと、身体が圧迫される結果
体内の血行が悪化し、ひいては体に冷えがもたらされるという
逆説を恐れるからに他なりません。


既にこちらでご説明を致しましたが、体に冷えをもたらす大きな要因の
一つとしまして「血行不良」が挙げられます。


新鮮な酸素と栄養分を豊富に含んだ血流はそれ自体とても温かく、
体内を循環する過程で直接体を温める効果をもちます。


また新鮮な血流はその循環過程で細胞に酸素と栄養分を供給し、
また老廃物を取り込むことによって新陳代謝を推し進め、熱エネルギー、
すなわち体温を作り出していきます。


このように全身の体温を高め体の中から冷えを取り除いていくためには、
順調な血流を抜きに考えることはできません。実際、冷えを抱えて
おられる方の大半は、血行不良の問題も抱えておられるのが実態です。


前記事などで筋肉増強の重要性についてふれてまいりましたのも、
筋肉増強が血流の改善に大きく役立つというのがその大きな理由の
1つでした。


冬場における過度の厚着によりもたらされる血流悪化と冷えは、
本来血行不良の問題を一切抱えておられない方にも起こり得ますから
要注意です。実際人によっては、厚着による血行不良が慢性化してしまう
という事例も報告されています。

 

冬の着衣選びのポイントは、「軽くで温かく動きやすいもの」

服を多目に着込んだ際、一体血行不良が生じているのか否か。

このことを厳密に判断するのは困難ですが、一つの判断材料としましては
肩のコリの有無を挙げることができるでしょう。肩のコリを覚える場合には、
血行不良を疑われてまず間違いないものと思われます。


また首筋に痛みを覚えられるような場合も、血行不良が大いに疑われます。


それでは以下におきまして、冬場における体に血行不良をもたらさない
服選びのポイントについてふれてみることと致しましょう。


基本は「軽くて動きやすく温かいもの」という点に要約されます。


例えばダウン、キルト、ボアなどを利用したものは、内側に空気の層が
できるため、軽くまた温かいので大いに推奨できます。


また体温が逃げにくい素材やデザインを採用しているものも、
血流悪化を避ける上で大いに重要です。


素材としましては例えばナイロンやフェルト、フリースなどが
挙げられますし、デザインとしましてはダブルボタンやジッパーが
用いられているものが挙げられるでしょう。


ループボタンを外見上おしゃれであるという理由から好まれる方が
数多くおられることかと思われますが、やはりダブルボタンと比べますと
どうしても体温が逃れやすいという面があることは否めません。


首周りなども手先と並んで非常に体温が逃れやすい部位ですから、
首がそのまま露出するようなものではなく、毛皮などが付いているものを
選ばれると良いでしょう。

スポンサードリンク

Return to page top