ホーム » 日常生活でできる冷え性の改善法 » その他の方法で体を温める

スポンサードリンク

深刻な幼児の冷え性|親の低体温は子供に遺伝する可能性があるので要注意

冷え性の親から冷え性の子供が生まれるという仮説は依然科学的に確証されるに至っていませんが、多くの医師が経験則からこの仮説を支持しています。母体が冷えに冒されている場合、子宮や羊水の低温度が胎児の低体温を醸成するというのが1つの根拠です。また着衣や食事を通じても、子供は後天的に冷え性を得る可能性があります。幼児期における冷え性の問題はとかく看過されがちですが、それがもたらす悪弊はとても無視のできるものではありません。まず幼児期の冷え性は、アトピーやぜんそくなどアレルギーの症状を発症させます。またオネショの問題や特に女の子の場合、初潮の遅れなどの問題を引き起こします。またメンタル面でも弱々しい内面へとつながりがちで、いじめられっ子やいじめっ子へと成長をしていく可能性もあります。これらの悪い影響を取り除くためにも、親御さんは常日頃から子供さんの冷えについて周到な準備をしておく必要があります。まず妊婦の方は、体を露出するような着衣を避けるべきです。また幼児が入浴する際は、おもちゃなどをもたせ、長い間入浴させるような工夫をするとよいでしょう。お子さんが小学校高学年に達しましたら、長ズボンの着用を開始されるとよいでしょう。スカートを着用する女の子の場合は、長めの靴下とできれば毛糸のパンツの着用を励行しましょう。また一見冷え性とは無縁のメンタル管理も重要で、子供さんには学校でいじめにあったり、あるいはいじめをしていることを素直に告白できるような環境づくりを心がけるようにしましょう。

続きを読む

体を温めるペットボトル健康法|実に簡単な冷え性対策法をお教え致します

体温は全身の血流を改善することで着実に上昇させていくことができますが、そのためには筋肉の集中する足の血流の改善が欠かせません。ペットボトルにお湯を入れ太ももを温める「ペットボトル健康法」はきわめて廉価で手軽に足の血流改善を促すものであり、幅広い層にお勧めできます。まず耐熱性に優れた0.5~1リットルの容量をもつペットボトルを用意し、そこに40度程度のお湯を注ぎます。この段階で太ももを温めても効果がありますが、保温性を考慮に入れ、湯で温めたタオルで覆ったペットボトルをビニール袋に入れて用いるとよいでしょう。温める箇所は基本的に温めて気持ちの良いと感じる箇所です。といいいますのもそのような箇所は冷えている可能性がきわめて高いからです。ただし温めて気持ちが良いからといって長い時間温め過ぎますと、低温やけどを招く場合がありますので注意が必要です。「ペットボトル健康法」は太ももだけではなく、冷えを覚える他の部位(お腹、肩、腰など)にも十分応用可能です。

続きを読む

Return to page top