ホーム » 日常生活でできる冷え性の改善法 » その他の方法で体を温める » 扇風機と冷房の併用で冷えを賢く回避|体感温度を快適にするのがミソです

スポンサードリンク

扇風機と冷房の併用で冷えを賢く回避|体感温度を快適にするのがミソです

エアコンと扇風機(縮小).png
冷房と扇風機の併用で、涼しさと冷え性回避を両立

近年の日本の夏の暑さには、単に「猛暑」という言葉では言い尽くせない
何か異常なものを感じます。広く各地で気温が35度を超える日々が
延々と続き、過去に例を見ない数の熱中症の患者を生み出しつつあります。


このような状況下にあって、気象庁も冷房の利用を推奨するに至る
ありさまです。


しかしこのような時候にある時こそ、冷房の利用には細心の注意を
払いたいものです。冷房により屋外に比べて極度に気温が低められた
部屋に長時間留まりますと自律神経の乱れを招き、秋以降に冷え性に
かかりやすい体質を作り出してしまうこととなります。


また冷房機から長時間にわたり直接冷風を受け続けることで、リアルタイムで
「急性の冷え性」にかかってしまうことも十分あり得るのです。


これらの問題を避けるための一つの手立てとしまして、冷房の設定温度を
27~28度にするのが良いとされます。しかしこの度程度の室温ではまだまだ
暑いと感じられる方もかなりの数おられるのではないでしょうか。


実際オフィスなどでもエアコンの設定温度が25~26度になされている
ところが圧倒的に多いようです。


そこでお勧めしたいのが、冷房と共に扇風機を利用することです。


冷房の温度を27~28度に設定した上で扇風機を用いますと、体感室温が
若干下がり25~26度程度に感じられるようになります。実際の室温を
下げることなく冷房の快適度が増すわけですから、冷え性を回避する上で
大いに推奨できる方法です。



扇風機の風は冷気を押し上げ、足の冷却を防ぎます

冷房と扇風機の併用の利点は以上に留まりません。冷房の効いた部屋で
扇風機を用いますと、部屋の空気循環がよくなります。これにより冷房から
冷風を直接受ける機会を減らすことができます。


また足元に滞留しやすい冷風が扇風機の風により上方に押し戻され、
室内の温度が均一化されることになります。


ふくらはぎを中心とする足の冷却化は足の お血をもたらし直接冷え性を
作り出す要因となりますから、この点で冷房と扇風機の併用がもたらす
効果には計り知れないものがあるといえます。


最後に若干話題がそれるかも知れませんが、数時間毎に窓を開け換気をする
ことについて触れたいと思います。換気を行うことの利点は言うまでもなく
室内の空気の汚れを外気と交換することで取り除く点にありますが、加えて
外気と室内の温度差が広がりすぎるのを防ぐ点にも見出されるべきでしょう。


いかにデスクワークが長時間に及ぶ方も、外気に一切触れずに一日を
過ごされるようなことはないと思います。


前述しましたように室温と屋外の気温との極度の差が自律神経の乱れを
呼び冷え性の元凶を作ることとなるわけですから、多少室温が上がり
不快に感じられる様な場合でも定期的な換気が勧められるわけです。

スポンサードリンク

Return to page top