ホーム » 東洋医学、漢方から見た冷え » 気の乱れがもたらす冷え|五臓と気との不調和は気虚、気鬱へと至る

スポンサードリンク

気の乱れがもたらす冷え|五臓と気との不調和は気虚、気鬱へと至る

気(縮小).png
気が全身にみなぎらないと、冷えは進行してしまいます。


中国の「五行説」によりますと、人間の体を構成する根源的な
ものとして「五臓(肝、心、脾、肺、腎)」が存在し、これらが体内を
循環する気・血・水を作り出します。そしてこの五臓の機能の乱れが、
気・血・水の形成不全なり循環不全をもたらすことになります。


気・血・水の形成不全、循環不全はこれらの3者間の機能分担の
不全も増幅させます。そしてその結果、身体的、精神的な異常が
もたらされることになるわけですが、漢方では「冷え」はその一つで
あると理解されます。


まずは気の乱れから説明をしましょう。気は東洋医学・漢方に独特な
概念で、計測不能な生命エネルギーであり、生体における機能活動、
精神活動を支えるものであると考えられています。


以上の説明からも理解できるに、気は他の血・水よりも上位に位置する
概念であるといえます。これは気は五臓により作られる一方で、五臓
自体の機能も支えていることからも明らかです。


人間は生誕当初親から譲り受けた「先天の気」を用いて五臓を働かせ
ますが、その後は食物や酸素の摂取から得られた後天の気と合わせて
五臓を機能させていくのです。


五臓が正常に機能するために必要なエネルギーを漢方では「陽気」と
いいます。この陽気が十分供給され、五臓が正しく機能している状態を
「正気」といいます。逆に陽気が不足したり、正常に機能していない状態を
「病気」といいます。


陽気は温かいところを好み、上から下へと降りてくる性質をもちます。
ここで何らかの原因により五臓が正常に機能せず手足が冷えてしまい
ますと、陽気は正常通り下降せず、体内の上方に留まることになります。
いわゆる「冷えのぼせ」と呼ばれる現象が、これに相当するものであると
考えられます。


冷えのぼせは食欲減退を招きやすく、結果、五臓の一つである脾による
「水穀の気」の生成量も減少させることとなります。この状態が進行すると
体の活力が失われていき、疲れやすい、体がだるいなどの症状が現れる
こととなります。漢方ではこの状態を「気虚」と呼びます。


気虚が進行しますと、気の活動と密に関わりあう血・水も滞ることなり、
「病気」(冷えもこの一つ)は加速度的に悪化していきます。身体的な
面では、内蔵の下垂(腎下垂、脱肛、胃下垂等)が現れやすくなります。


また病気は精神活動にも及ぶようになり、「気鬱」の状態が現れる
ようになります。この気鬱とは、精神医学で言うところのうつ病と
類似したもので、物事に関心がもてなくなったり、食欲がわかない
などの症状にその特徴があります。


このように一見無縁に思えるうつ病と冷えも、漢方の立場からは
実に密接に関連しているといえるのです。


精神的にふさぎがちであった人が、湯につかるなど手足の冷えを
とるよう心がけたところ、精神面でも改善がみられたという報告を
時々見聞きしますが、それは東洋医学や漢方の立場からしますと、
実に理にかなったものといえるのです。

スポンサードリンク

Return to page top