ホーム » 食事による冷え性の改善策 » ダイエット » 過度の食事制限は冷えを増幅する|リバウンドの脂肪増加で基礎代謝は悪化

スポンサードリンク

過度の食事制限は冷えを増幅する|リバウンドの脂肪増加で基礎代謝は悪化

ダイエット(縮小).jpg

あなたは「食事制限」がもたらす直接的効果を
正しく理解していますか?

前記事では体温を高めていく上での基本となる基礎代謝の向上の意義、
並びに基礎代謝の向上を図る上で欠かすことのできない筋肉増強の
必要性についてご説明をしました。


本記事では以上の点への関心から、間違ったダイエットが筋肉の増強を阻み、
ひいては冷えを増幅させてしまう可能性についてふれてみたいと思います。


特に女性の場合、ダイエットの問題と冷えの問題は共存する傾向が強く、
両者の関連を明確にしておくことはとても意義深いことであると思います。


ダイエットといいますと依然として多くの方が過度な食事の制限を想起し、
また実際に実行しているように思われます。


しかしこのようなダイエットのやり方はダイエットの主な目的である
スリムな体作りにおいてほぼ効果がないのみならず、長期的には
逆効果をもたらし、また体の冷えを増幅させていく可能性があります。


ダイエットを行う上でまず押さえておかねばならない基本は、
ダイエットにより真っ先に消耗してくのは筋肉や水分なのであり、
私たちが期待する内蔵の脂肪の減少はきわめて起こりにくいという点です。


数週間ダイエットを行い体重が数キログラム減少したとしましても、
その大半は筋肉や水分であり、脂肪ではないと考えてまず間違い
ないでしょう。このような結果は決して好ましいものとはいえないはずです。


冷え性の改善という点からも、このような結果は決して歓迎できる
ものではありません。既に前記事でもふれましたように、体温を作り出す
大元である筋肉がそがれてしまうことは、体温が下降していくことを
意味します。


ダイエットを行い内蔵の脂肪ではなく筋肉が減少し、それにより体温が
下降していくことを余儀なくされるとするならば、そのようなダイエットは
むしろ行わなかった方が懸命であるとさえいえるでしょう。


実はやみくもな食事制限によるダイエットがもたらす問題点は、
以上に尽きません。

 

ダイエットのリバウンドがもたらすのはもっぱら脂肪の増加

ダイエットを行い体重が数キログラム減った後、それまでの食事制限からくる
欲求不満が食に向かい、結局体重も元通り...などといったご経験をされた方も
少なくないでしょう。


いわゆる「リバウンド」と呼ばれる現象がこれに当たります。


しかしリバウンドにおいて真に怖いのは体重の増加そのものよりも、
体重の増加をもたらすものが主に脂肪であるという点にあります。


ダイエットを行い体重が減少している際に失われるものが主として
筋肉と水分である一方、リバウンドの際体に蓄積されるのは脂肪であり、
失われた筋肉では決してないのです。


この意味で仮にリバウンドにより体重がダイエット開始以前の水準に
戻ったとしましても、明らかに基礎代謝能力はダイエット開始以前よりも
悪化してしまっているといえるでしょう。


最近では多くの医師により外見は細身でもCTスキャンで内臓を見てみると、
脂肪だらけの女性が多くなったとの指摘がなされています。このように
内臓に多くの脂肪を抱えた女性は、過剰な食事制限とその後のリバウンドを
過去に幾多も経験したであろうことが推測されます。


以上の考察から十分お分かり頂けることかと思われますが、最も理に適った
ダイエットはやはり最低限必要な栄養・カロリーを摂取し、それらを運動を
通じて燃焼させると同時に筋肉を体につけていくことであるといえるのです。


ダイエットに取り組みスリムな体型をもちたいと考えておられる方は、
まずこの点をしっかりと念頭に置かれてみて下さい。

スポンサードリンク

Return to page top