ホーム » 食事による冷え性の改善策

スポンサードリンク

無酸素運動は成長ホルモン分泌を促す|筋肉増強・脂肪燃焼が円滑に促進

効果的に筋肉をつけ体脂肪を燃焼させるためには、無酸素運動と有酸素運動を織り交ぜて行う必要がありますが、特に効率性を重視した場合は、無酸素運動を有酸素運動に先んじて行うことが勧められます。これは無酸素運動を行うと、成長ホルモンが分泌されることによります。成長ホルモンは脂肪を含め体内の物質を代謝がより進められやすい形に変化させる作用があるので、脂肪もその燃焼がより効率的になされることとなるのです。加えて無酸素運動により分泌された成長ホルモンは、5~6時間というかなりの長時間活性化するという性質もまた無視できません。これにより無酸素運動後、有酸素運動を行うまである程度の時間休息を摂ることが可能となりますし、また有酸素運動開始後も比較的早期(5~10分間)に脂肪燃焼が開始されることとなります。無酸素運動の準備をせず、例えばウォーキングなどの有酸素運動を始めた場合、脂肪が燃焼し始めるのは15~20分後ですから、成長ホルモンによりもたらされる脂肪燃焼の効率の良さが十分お分かり頂けることでしょう。無酸素運動はまた筋肉増強にも大きな力を発揮します。スクワットにより下半身を強化したり、あるいは腹筋運動により腹筋を強化することで、これらの部位の体温を高めていくことが十分可能となります。

続きを読む

過度の食事制限は冷えを増幅する|リバウンドの脂肪増加で基礎代謝は悪化

ダイエットをもっぱら食事制限と理解し、栄養とカロリーの摂取を過度に抑制することでスリムな体型をもちたいと願われておられる方が数多くおられます。しかし過度な食事制限によるダイエットはスリムな体型を得る点においても、また冷え性を改善する点においてもいずれも失敗に終わる可能性が高いといえます。といいますのも、過度な食事制限によりもたらされるものは体内の筋肉と水分の減少であり、決して脂肪の減少ではないからです。体内の脂肪がほとんど減少しないのならばそれはスリムな体型作りに貢献しないものと判断できますし、また筋肉の減少は体温の下降、並びに体の冷えをもたらすものと考えられます。このような食事制限に頼ったダイエットがその後リバウンドを迎える場合、事態はより一層悪化することとなります。何故ならばリバウンドによりもたらされる体重の増加は、主に脂肪の増加によるものであるからです。リバウンドにより当初の体重に戻ったとしましても、ダイエット開始以前よりも体内の筋肉は減少し、他方脂肪が増加してしまっているという点で、このようなダイエットはスリムな体型の維持はおろか、基礎代謝能力の向上においても失敗を犯しているといえます。やはりダイエットの王道は、最低限の栄養とカロリーを摂取し、運動を通じてそれらを消化・分解し、同時に筋肉を体に付けていくことにあるといえるのです。

続きを読む

Return to page top