ホーム » 食事による冷え性の改善策 » 生姜は冷え取りの特効薬です|血流が全身に行きわたり体温を上昇させます

スポンサードリンク

生姜は冷え取りの特効薬です|血流が全身に行きわたり体温を上昇させます

生姜(縮小).gif

「ジンゲロール」や「ショウガオール」の作用を通じて
生姜は血流を改善し、体内の温度を体のすみずみにまで
届けます

日常生活を送る中で実効ある冷え取りを行うためには、着衣、運動、入浴等と
同様に食事にも目配りをしていく必要があります。

栄養のバランスに気を配りつつも、毎日の食事からでき得る限り体温を
下げるようなものを避け、逆に体温を上げていくものをより多く摂るように
することは、長期的に体温を上げていく上で非常に重要であるといえます。


冷え性を改善する食材として最も相応しいものとしまして、今回は
「生姜(しょうが)」をとり上げてみたいと思います。


口に含んだ瞬時に辛味を発散し、その後じわじわと体の内側から発熱を
覚えさせるあの感覚につきましては、おそらくどなたでもご経験がおありの
ことと思います。生姜の冷え取りにおける効能につきましては、このような
ご経験からも明らかでしょう。


廉価で普通に利用している限り、副作用もありません。独特の辛みで他の食材の
味を引き立てる生姜を飲み物や料理に利用していくことで、おいしく冷え取りが
できるというわけですから、これこそ一挙両得というべきでしょう。


実は生姜は冷え性の方々に処方されている漢方薬のおよそ7割に生薬として
用いられているのをご存知でしたでしょうか。このことは生姜を用いた食事を
摂り続けることで、冷え性の方に処方される漢方薬を長期間摂取しているのと
同様の効果がもたらされ得ることを意味しています。


生姜が冷え性に効能を発揮するのは主に「ジンゲロール」という物質を
通じてです。実はこの「ジンゲロール」こそが生姜の独特な辛味成分に
他なりません。


ジンゲロールは内臓により生成される体中の温度を、血流に乗せて体全体に
送り出すという作用をもっています。加えてジンゲロールは血中に溶け込むと
血管を押し広げるよう作用し、血流を手足の先に至るまで促進していく働きも
するのです。生姜を食した時に感じる発熱作用は、実はこのようなジンゲロールの
作用によるものであったわけです。


これらの点だけでも生姜の冷え取りにおける効能としましては十分すぎるくらい
なのですが、さらに生姜を生のままではなく、ある程度乾燥させてから摂るように
することで、より高い効果が得られる点につきまして説明を致しましょう。


生姜を乾燥させますとジンゲロールの一部が「ショウガオール」という物質に
転じることとなりますが、この「ショウガオール」は内臓の熱の生成をより
促進させるよう作用する物質なのです。


思えばわが国でも古くから乾燥された生姜が食されてきたという歴史が
ありますが、先人は乾燥した生姜の効能についておそらく経験を通じて
気づいていたのでしょう。冷え性がより深刻であると思われる方は、
是非とも乾燥した生姜をお摂りになることをお勧めしたいと思います。


生姜を擦られるのが面倒であると思われる方には、チューブ入りの練り生姜が
市販されていますので、ご利用されると良いでしょう。また乾燥された生姜も
比較的容易に入手できるようになっていますので、合わせてご利用されてみては
いかがでしょうか。

スポンサードリンク

Return to page top