ホーム » 食事による冷え性の改善策 » 体を温める食材・冷やす食材|温まる食べ物を多く摂りおいしく冷え取り

スポンサードリンク

体を温める食材・冷やす食材|温まる食べ物を多く摂りおいしく冷え取り

食事(縮小).png

食材には体を温めるものと冷やすものとがあります

冷え取りをより効果的なものにすべく日常生活で留意する点としまして、
入浴以外には「食事」が挙げられるでしょう。


以下では東洋医学の観点から、冷え取りをより効果的にする食事の
摂り方について考えてみたいと思います。


まず出発点としまして、あらゆる食材は「体を温めるもの」と
「体を冷やすもの」の2種類に大別されるということを
理解しておく必要があります。


下表にそれぞれの代表例をまとめましたので、ご参考にされてみて下さい。

 

体を温める食材(陽性食品)
(赤、黒、橙、黄色のものに多い)

体を冷やす食材(陰性食品)
(青、白、緑色のものに多い)

肉類

ハム、羊肉、豚の肝臓、鶏肉、
鹿肉、牛肉、ガチョウ

豚の腸、アヒルの肉、羊の肝臓、
ウサギ、カモ

魚介類

チョウザメ、ナマコ、ホタテの貝柱

シジミ、ハモ、サザエ、蟹、
ハマグリ、カキ、イカ、青魚一般、
赤貝、タコ、ウニ、アサリ

野菜

玉ネギ、ニラ、人参、ほうれん草、
ニンニク、キャベツ、ネギ、大根、
生姜、小豆、大豆、ゴボウ、
トウモロコシ、カボチャ、紫蘇の葉

シイタケ、春菊、セリ、竹の子、
ナス、キュウリ、スイカ、レタス、セロリ、アスパラガス、トマト、
グリーンピース

果物

桃、梅の果肉、キンカン、
ミカンの皮、サクランボ、リンゴ、
干しブドウ等ドライフルーツ

梨、杏、柿、バナナ、ミカンの実、
メロン、イチゴ、パイナップル、
キウイ、プルーン、スイカ

穀物

アワ、栗、クルミ、小麦粉、
落花生、黒豆、小豆、

サトウキビ、大豆、

その他

味噌、コショウ、酒粕、酢、水飴、
甘酒、山椒、塩、紅茶、黒砂糖、
和菓子、醤油、漬物、佃煮、チーズ

緑茶、豆腐、コンニャク、昆布、
ヒジキ、海苔、砂糖、牛乳、
ウドン、白砂糖、洋菓子、酢、
マヨネーズ


特に野菜や果物には南方でとられるものは体を冷やし、北方でとられるものは
体を温めるものが多いという傾向が一貫して見受けられます。


これは南方の温かい気候の下で暮らす人々は体を冷やす食物を、北方の
寒い気候の下で暮らす人々は体を温める食物を多く摂取するという
健康的な食習慣の形成に寄与しました。


さて冷え取りとの関連で留意すべき点としましては、全体的に体を
温める食材をより多く、体を冷やす食材をより少なく摂るよう
心がけるべきであることが挙げられます。


特に体が冷えがちな人は往々にして体を冷やす食材を多く摂りがち
ですから、注意が必要です。



温寒・陰陽のバランスのとれた食事を摂るよう心がけましょう

しかしだからといって冷えを抱えておられる方は、体を温める食材のみを
摂るべきであると考えるのは早計です。飽くまで大切なことは体を
温めるものをより多く摂りつつ、ある程度は体を冷やすものも摂取するという
両者のバランスを程よくとった食事パターンを維持していくことなのです。(注)



このようなバランスがうまくとれた食事というものは、実はわが国の
伝統的な食事において数多く見出すことができます。


例えば冷やそうめんに生姜やネギが添えられていたり、また刺身の
つまとして紫蘇の葉が添えられていることなど身近に数多くの好例を
見出すことができるでしょう。


以上のような点からも、伝統的な食事が目白押しの「おふくろの味」や
「おばあちゃんの味」には冷え取りの大きな潜在力が秘められていると
いえるでしょう。


幾世代にもわたり人間の脳が良いと判断し、今日まで生きながらえた
伝統的な食事には、体を温める食材と冷やす食材が理想的な比率で
組み合わされている場合が多いので、学んでおいて決して損はありません。


一度冷え取りに成功しますと、体がバランスのとれた食事のパターンを
記憶しているため、自分は今何を食すべきかということが直感的に
理解できるようになるともいわれています。


このような境地に到達できるよう、日々の食事には重々気をつけたい
ものです。


(注)体を冷やす食材を利用する際は、温めたり火を通すとよいでしょう。
また体を温める食材も冷やされている場合は、よく温めてから食べるように
しましょう。

スポンサードリンク

Return to page top