ホーム » 冷え性をもたらす原因 » 女性特有の冷え性

スポンサードリンク

女性特有の冷え性カテゴリの記事一覧

痔の真因は下半身のお血と冷え|予防と治療の中心は血行の改善にあります

トイレ(縮小).gif


お血と冷えが痔の原因であったことをご存知でしたか?

いぼ痔や切れ痔(裂肛)に代表される「痔」は、その症状が典型的に排便時に
痛みや出血を伴うものとして広く知られています。


症状が進むにつれその痛みは増していき、また排便時以外にも自覚される
ようになる厄介な疾患です。ある報告によれば、日本人のおよそ3分の1が
痔の問題を抱えているとされます。


さて痔の原因についてですが、多くの方が排便時のいきみにそれを
求められておられるように見受けられます。


実際それも一つの要因ではありますが、より根本的なものは下半身に
おける血流の循環不全、いわゆる「お血」にあると考えられます。


直腸の内部には粘膜があり、その粘膜と肛門括約筋が協同して便とガスの
肛門管からの漏出を防いでいます。ここで下半身にお血が生じますと、
これらの部位における血流もうっ血することとなります。


この段階でいきみますと、粘膜の一部が出血を伴いながら外部へ突出したり
(いぼ痔)、あるいは肛門管が切れたりする症状(切れ痔)が現れることと
なるわけです。さらにお血が続きますと、痔に血栓ができるようになり症状は
悪化の一途を辿ることとなります。



痔の予防・改善には体を動かすこと。妊婦の方には
食事と
漢方薬がお勧め

下半身のお血は同じような姿勢を長時間維持される方によく見受けられます。
例えばデスクワーク中心のお仕事に従事されておられる方、あるいは
タクシーなどの運転手を勤めておられる方などが挙げられるでしょう。


また女性は一般的に冷えやお血に患わされやすく、痔にも悩まされやすい
傾向にあります。特に女性は妊娠をしますと、下半身、特に骨盤における
血流が悪化するため、非常に痔にかかりやすい状態となります。


お血と冷えの悪循環を断ち切るための基本は、体を温めることにある
というのが本サイトの基本姿勢ですが、痔を患われておられる方の場合は
過度に患部を温めますと炎症が悪化してしまいますのでその点注意が必要です。


入浴もぬるま湯のものにとどめるべきですし、血流の改善の観点から
たまには足湯などに切り替えられるのも良いでしょう。


同じ姿勢を長時間とりがちの方は、1~2時間おきに腰を左右に回したり、
前屈するなど、適宜姿勢を変えてみられることで血流の回復がある程度
見込めるでしょう。


入浴も運動もままならない妊婦の方へはどのようなアドバイスが可能
でしょうか。そのような方々にはやはり温かい食事を心がけられ、また
専門医との相談の上で痔に効き目が見込まれる漢方薬を摂取することが
勧めらるでしょう。


因みに痔に効き目のある漢方薬としましては、桂枝麻黄各半湯(実証~中間証)、
補中益気湯(虚証、気虚)、桂枝加杓薬湯(虚証)などが挙げられます
(括弧内には各漢方薬に適応する証を示しました)。

スポンサードリンク

女性の更年期障害と冷えの問題|エストロゲンの分泌の減少とその対策

女性の更年期障害の一つに冷えの問題が挙げられます。これは女性の更年期において閉経が進むにつれ、エストロゲンやプロゲステロンに代表される女性ホルモンの分泌が減少していくことにより引き起こされるものです。エストロゲンの減少は直接的に、あるいは悪玉コレステロールの増加を通じて間接的に血管を細め、血流を悪化させます。またエストロゲンの減少は自律神経失調をもたらしがちとなります。他方プロゲステロンの減少は、直接体温低下をもたらします。このような女性の更年期以降に現れる冷えの問題は、イソフラボンを摂取することでかなり改善されます。イソフラボンは大豆に豊富に含まれている物質で、1日当たり75mg摂取することが望ましいとされます。イソフラボン以外にもビタミンEやレソルシル酸の摂取もまたエストロゲンの減少を補う上で有効であることが確認されています。

続きを読む

Return to page top