ホーム » 冷え性をもたらす原因 » 女性特有の冷え性 » 過度のダイエットは冷えをもたらす|女性の体温低下はとりわけ深刻

スポンサードリンク

過度のダイエットは冷えをもたらす|女性の体温低下はとりわけ深刻

l_02(80%).gif
女性のダイエットには危険がいっぱい!


現代は、ダイエット(食事制限)に関する情報で横溢しています。
特に女性が抱きがちなダイエットへの強迫観念をあおった情報が、
極度に多いように見受けられます。



しかし過度のダイエットは、健康にとって有害です。特に冷え性の方が
ダイエットを行うことは、一般的に好ましいとはいえません。
仮に行わねばならない場合も、細心の注意が必要となります。



至極当然なことですが、ダイエットをしますと生命を維持するための
エネルギー生産がままならなくなり、体温上昇は困難となってきます。
まずこれが冷えへの入り口の第一歩となります。



このままダイエットを継続していきますと、体内の脂肪が内臓により多く
付着するようになっていきます。
脂肪はそれ自体とてもひんやりとした物質で、
その内臓への付着は、体温を一層低下させるよう作用します。



このような傾向は、女性においてより顕著です。といいますのは、一般的に
女性の場合、妊娠や出産に備えるべく、下半身に脂肪をためやすい体質に
なっており、低体温時にそのようにため込まれた脂肪がより多く内臓に
付着しやすいからです。



女性の場合さらに、生理現象による血量の不足・悪化が、体温上昇を
阻害するという要素が加わります。
これら2要因だけをみましても、
女性の方が男性よりも冷え性にかかり易いことが、容易に理解できることでしょう。



朝起きるのがつらい、貧血でめまいがする、やる気が出ない、不眠症である
などの自覚症状が出てきましたら、ダイエットは即中止し、専門医の診断を
仰ぐべきです。より症状が悪化しますと、生理現象が停止してしまうという
状況にまで至ってしまう場合があります。



ダイエットを始めるべきか否か、現在思案をされておられる方は、
まずご自分が冷え性であるかどうかを見極めることが
大切となってきます。もしもそれが判然としない場合は、
やはりまず専門医の判断を仰ぐべきです。



もしもご自分が冷え性ではなく、また体力的にも問題がないことが
確信できる場合でも、極端なダイエットは控えるべきでしょう。
やはり規則正しい生活の上に3食をしっかり摂り、その代わり間食は控える、
という食習慣を堅持する方がずっと望ましいといえます。



またやせるためには、ダイエットよりも日常生活における運動量を増やし、
カロリー消費量を高めていく工夫をしていくことの方がより重要です。
運動は血流を盛んにし、体温上昇にも寄与していくことにもなります。



運動を行う場合も、体を温めてから行うとより高い効果が望めます。
特に夜就寝前に入浴等により体を十分温め、「ヒート・ショック・プロテイン」を
体内に産出させてから筋肉トレーニングをすれば、筋肉の損傷が
早期に修復されやすくなります。



今回は主に女性を念頭においたご説明をしていまいりましたが、
男性にも十分ご参考頂けることと思います。

スポンサードリンク

Return to page top