ホーム » 冷え性をもたらす原因 » 女性特有の冷え性 » 月経・生理がもたらす女性特有の冷え|体温を上げれば瘀血は改善できる

スポンサードリンク

月経・生理がもたらす女性特有の冷え|体温を上げれば瘀血は改善できる

生理2.jpg

月経・生理のため、女性は男性よりも冷え性にかかりやすい。

女性はある程度の年齢にさしかかると、妊娠に備えるべく、「月経」
を生理現象として経験するようになります。実はこの月経が女性の
冷え性と密接な関係をもっており、女性は男性よりも本来的に
冷えにさいなまれがちな体質にあるといえるのです。


月経は正常な妊娠活動の一環として、不要となった卵や子宮の粘膜の
一部を血液とともに排泄する生理現象であり、これは結果として、
一時的な貧血状態を生むこととなります。


貧血状態によりもたらされた血中における栄養分の不足は
新陳代謝を不完全なものとし、ひいてはエネルギーの
発生、並びに体温の正常な生成を阻むこととなるのです。


しかしそれでも卵や子宮の粘膜が首尾よく再生され、新鮮な血液が
補充されれば冷えの問題はさほど大事に至ることはないでしょう。
「慢性的冷え=冷え性」は、この正常な生理のサイクルが
途切れてしまうことから生じるのです。


何らかの理由で生理のサイクルが途切れてしまうと、子宮における
血流が乏しくなり、子宮に冷えが醸成されることになります。子宮の
冷えは子宮の新陳代謝を妨げ、古い血液がとどまりがちになります。
これがいわゆる「瘀血(お血)」と呼ばれる現象です。


この瘀血が正常な血流を妨げ、冷えを生むという悪循環を生成する
こととなるのです。これこそが、多くの女性が冷え性にかかりやすい
根本的な原因であるといえるでしょう。


瘀血はさらに進んで数々の余病をもたらします。より直接的には
生理痛がもたらされます。さらに進んで便秘、吹き出物、精神の
いらいらなどが派生することとなります。その他目だった余病に
つきましては、下表をご覧下さい。

頭痛・頭重

めまい

舌が暗赤紫色になる

肩こり

しみ・色素沈着

月経困難、月経不順

しもやけ

更年期障害

毛細血管拡張

打撲傷

冷えのぼせ

腰痛

痔疾

下腹部の圧痛

腫瘤

手足のしびれ


子宮への冷えを防ぐ最重要の対策は、温かい服装をし、温かい食事を
摂ることで、子宮の温度を高め、新陳代謝を促すことにあります。
ありきたりに聞こえるかもしれませんが、こうすることにより、
生理のサイクルが途切れなくなるのです。


生理痛をよく覚えられるような方でも、鎮痛剤を常用することは
お勧めできません。東洋医学・漢方やマクロ・バイオティックスの
立場からしますと、鎮痛剤は陰性分類に属し、長期的には体温を
引き下げるように作用してしまうからです。


その代わり、加味逍遥散(かみしょうようさん)当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)温経湯(うんけいとう)などの漢方薬が
勧められます。これらは体温を高め瘀血と冷えの悪循環を
断ち切るという点で共通しています。


ただこれら漢方薬の使用にも副作用があり得ますから、使用を
考えられる場合は、必ず漢方の専門医に相談をして下さい。
スポンサードリンク

Return to page top