ホーム » 冷え性をもたらす原因

スポンサードリンク

あなたのお腹の不調は過敏性腸症候群?原因はストレスによる腹部の冷え

過度なストレスを長期間受け続けることで、極めて短時間に腹痛や便意を覚えるような症状が発現することがあります。程度があまりにも激しい場合は、「過敏性腸症候群」を疑う必要があります。過敏性腸症候群は長期間ストレスを受け続けたことで、自律神経系における交感神経の活動と副交感神経のそれとの交換が容易に効かなくなってしまったことにより生じる症状です。したがいまして過敏性腸症候群の主な治療は自律神経系の機能を整えることに置かれることとなります。が、同時に過敏性腸症候群の今一つの特徴であるお腹の冷えを抑えるべく、お腹を温める工夫を取り入れていくことも治療を進めていく上で非常に有効です。場合によっては、お腹を温めるだけで過敏性腸症候群が完治してしまう場合もあります。起床時に温かいお茶を飲んだり、日常生活を送る際に腹巻を着用することなどは、容易に実行できるものです。また過敏性腸症候群の状態がかなりの程度改善されてきましたら、しっかりと朝食を摂るようにすることもお腹を温度を高める上で非常に大切です。

続きを読む

オタク・ひきこもり青年の心身の冷え|自律神経失調を招きがちな夜更かし

いわゆる「オタク」や「ひきこもり」に象徴される最近の若者の少なくない部分は、とかく夜更かしを好む傾向があります。もともと社会との交流を断つべくそのような行為に出るわけですが、過度の夜更かしは自律神経の乱れを招き、健康を乱す結果へと陥りがちです。特に夜更かしを繰り返す若者には、心身双方における冷えが顕著に見出されます。このような状態から脱するためには、心身双方からのアプローチが有効であると考えられます。まずはとりあえず感情豊かな生活を取り戻していくことが、「心の冷え」から脱するために必要です。映画を観て感涙する、動物をかわいがるなどの行為を通じて十分それは実現することができるでしょう。このような感情豊かな生活を昼間社会生活を通じて実現していく機会を少しずつでも増やしていくことが大切になります。ある程度これらが実現されてきましたら運動を行い筋肉を増強していくことで、体温をより高めていくことが可能です。また体を温める手っ取り早い方法としましては、入浴が挙げられます。不精でとかく汚れがちな体を洗い流すと共に湯船にじっくりとつかることで、心身の両方から冷え取りを行うことが可能となるのです。

続きを読む

Return to page top