ホーム » 冷え性をもたらす原因 » 極度の冷気は冷えの最大の原因|冷房の温度調整をまめにしていますか?

スポンサードリンク

極度の冷気は冷えの最大の原因|冷房の温度調整をまめにしていますか?

3-fem_aircondion_67%.PNG
近年の猛暑が、逆説的に「冷え」を増幅させた!

今回冷えの諸原因の第一弾目として掲げたいのは、
やはり気温の極度の変動によりもたらされる冷えについてです。



人間は本来、体内の温度を周囲の気温に左右されずに
一定に保とうとする機能をもっており、夏には発汗し
上昇中の体温を下げようとしますし、冬には体温を上げるべく
上着を羽織ろうと促すわけです。



しかし体温と気温との差が短期間に大きく変動しますと、
体内の温度センサーが異常をきたし、体温調整が
ままならなくなるという疾患が現れてくることとなるのです。



このような問題は近年我が国においては、とりわけ、大都市を中心に
35度を超えるような酷暑をもたらす夏において、集中的な冷房の利用と
冷えの問題の増加という形で顕在化しています。



うだるような真夏日を歩いてきた身にとって、冷房が強力に効いた部屋は
当初快適この上なく感じられますが、既に発汗作用を通じて
適度に体温が下げられた身体にとっては、体温の引き下げ圧力が強すぎ、
前述した体温調整能力の損傷というダメージをもたらしてしまうのです。



特に真夏日においては、室内外の温度差は10度にも及ぶこともあり、
体内センサーはより破壊されやすい環境にあるといえるでしょう。



また冷房により冷やされた空気は降下しやすい傾向にあり、
ひとたび降下した冷気は直に足元を冷やします。
足元の血行は、心臓から最も遠くにあり体内で一番冷却化しており、
そのような血行が一層冷やされることとなるのです。



このような病弊を防ぐ第一の対策は、
やはり過度な室温低下に注意を払うことです。



より具体的には、日本人の場合、
「適当な室温を27~28度程度に維持」
することがあげられます(日本人が裸で寒さを感じない最低温度は、
だいたい25度程度であるといわれています)。



冷房使用中に適度に窓を開けることも、室内温度の過度の冷却化を
防ぐ有効な手立てであるといえるでしょう。



しかし他方で、夏においては室内で長時間冷房を使うことは
避けられないでしょうし、また自分だけの都合のために、
温度設定をあれこれ変更することもなかなか難しいでしょう。



そこで今度はご自身が個人的に利用・調節できるものに目を向けるのです。
例えば、①レッグウォーマーの使用(最近では、男性用のものも発売されています)、
②サンダル履きを避ける、③温かいものを飲む、などの冷えを防ぐ行為を
意識的に取り入れることは、十分可能なのではないでしょうか。



このようなわずかな工夫が、あなたを「冷え」から守るのです。

スポンサードリンク

Return to page top