ホーム » 冷え性をもたらす原因 » たばこがもたらす血流悪化と冷え|禁煙をすることで体温は上昇する

スポンサードリンク

たばこがもたらす血流悪化と冷え|禁煙をすることで体温は上昇する

kinnenn_1.GIF
ニコチンは血管を縮め、血流を悪化させる。


喫煙が健康に害を及ぼすことは各方面で指摘されており、
周知のことでしょう。しかしそれは肺ガン、脳卒中、
心筋梗塞などどの関連で説かれることが圧倒的に多く、
冷え・冷え性との関連で説かれることはきわめてまれです。



以下では、喫煙が冷えをもたらす仕組みとその弊害を
ご説明致してまいります。喫煙をされておられる方は
これを機に禁煙をご決断され、体温が低下しずらい
より健康な体質を手に入れて頂きたいと思います。



まず指摘されるべきは、たばこに含まれるニコチンが
体内に摂取されると自律神経が刺激され、結果、血管が
縮んでしまうという点です。これが喫煙こがもたらす冷えの
直接的かつ最大の要因です。



特に冷えの典型的な症状として挙げられる心臓からより遠い
手や足などにおける血流悪化が、ニコチンの摂取により容易に
もたらされてしまう点は銘記すべきです。



ニコチンのもたらす血流悪化(そしてそれによりもたらされる
冷え)は、たばこ1本を吸うごとに、約2時間持続することが
明らかにされています。



愛煙家と呼ばれる方々のほとんどは、1本たばこを吸われた後
次の1本に火をつけられるまで、2時間も時間は経過していない
のではないでしょうか。これでは、喫煙により常時体内が冷却化
され続けることとなってしまうのです。



体の冷えが恒常化すると、冷えは冷え性へと転化していきます。
まず冷えた体内においてはホルモンの分泌バランスが崩れ、
また各種触媒の機能不全がもたらされることとなります。




これが基礎代謝の一層の低下をもたらし、低体温に拍車を
かけることとなります。



喫煙癖により呼吸器系の機能が低下している方の場合、血中酸素が
減少しがちであり、それがまた基礎代謝の低下へとつながっていくことと
なります。



冷え性の顕著な特徴の1つとして、イライラした精神状態が
持続することが知られていますが、本来ストレス解消を目的に
喫煙を始められた方が、冷えによるイライラにさいなまわれる
というのは、いかにも逆説的です。



この逆説を断ち切る唯一の方法が、禁煙ということになるわけです。

スポンサードリンク

Return to page top