ホーム » 検索結果

白砂糖 冷えの検索結果一覧

白砂糖の摂り過ぎは体に冷えをもたらす|食後のデザートはほどほどに - Posted date: 2014年3月12日 04:16

糖質は3大栄養素の一つとして私たちの生命を支える上で不可欠な存在ですが、過剰に摂取をしてしまうと体に冷えをもたらしてしまいます。砂糖は摂取直後に血糖値を急上昇させますが、それは長続きせず、間もなく血糖値の急下降が始まることとなります。これは体温の急上昇と急下降をもたらすこととなり、体温の急下降が深刻な冷えをもたらすこととなるのです。また糖質の過剰な摂取はビタミンB類の過剰消費を招きそれが血流悪化、ひいては冷えをもたらしてしまうという経路も考えられます。特にビタミンB12の過剰消費は赤血球の生成に支障をもたらすため、それが血液の質量の劣化と冷えをもたらすこととなります。したがいまして食後にデザートをお摂りになられるような場合は、デザートを手作りにし砂糖の量をコントロールされるとよいでしょう。また量のみならず用いる砂糖を黒砂糖やハチミツなど色の付いたものに限定し、白砂糖を極力避けるようにするとよいでしょう。白砂糖は血糖値に影響を与えやすくミネラルも少ないため、血流に悪影響を与える傾向があるからです。このような点からデザートをお店から購入される場合でも、高級なものをお選びになられるとよいでしょう。といいますのも高級なデザートにはあまり白砂糖が用いられていないからです。また味覚は温かいものに敏感に反応する傾向がありますから、なるべく温かい状態でデザートを摂ることでより少量の砂糖摂取量で満足できるようになるでしょう。

Return to page top