ホーム » 検索結果

老化 冷えの検索結果一覧

お肌の老化を加速する冷え|若返りの秘訣は活性酸素の除去にあります - Posted date: 2014年3月25日 01:10

昨今話題に上ることの多い「アンチエイジング」(抗老化)は、体の冷えの問題と密に関わりをもちます。そのことを理解するためには、まず老化は細胞の酸化を指すということを理解する必要があります。「酸化」とは酸素とある物質が化学反応を媒介して結合し、その物質を錆びつかせる現象を指します。例えば釘が錆びつきますと茶色に変色し、酸化の度合いが進行しますとやがて釘が折れるまでに至りますが、細胞の酸化も細胞が当初もっていた弾力性を破壊するよう作用します。お肌のシワやたるみといった現象は、このような細胞の酸化の結果であると考えられます。シワやたるみなどが生成されないようアンチエイジングを成功させるためには細胞の酸化を避けねばなりませんが、そのためには体内の活性酸素が過剰に生成・滞留しないよう留意をする必要があります。体内の活性酸素は主に2つの経路を通じて生成されることとなります。その1つは交感神経が高ぶり、それにより白血球中の顆粒球が増殖し、その過程で活性酸素が大量生成されるというものであり、もう1つは「スーパーオキシドディスムターゼ」や「カタラーゼ」といった抗酸化酵素が体の冷えにより活性化されない結果、活性酸素が過剰に生成・滞留されるというものです。いずれのケースにしても活性酸素の過剰生成・滞留を抑制するには、体を温め冷えを取り除くことが極めて重要であるといえます。また抗酸化酵素を含め体内酵素一般の生成は20歳以降漸減していく傾向がありますから、その原料となるタンパク質やミネラルを積極的に摂取しその生成を促してやることも等しく重要です。

Return to page top